【コラーゲンの健康美容効果】コラーゲンの効能と効果23選

たんぱく質の一種である、「コラーゲン」は、女性を加齢によるトラブルから守ってくれる美容成分ですが、どんな効果があるのかを詳しく知らないまま利用している女性も多いようです。美容と健康に必要不可欠なコラーゲンの素晴らしい効能と効果について、詳しくご紹介します。

肌 -女性の肌を美しく保つ-

女性の美しい肌の条件は、みずみずしく潤った、透明感のある肌理の整った肌をいいます。
コラーゲンは肌の真皮層で肌細胞を支え、肌を美しく整えてくれます。

コラーゲンの役割

たんぱく質の一種であるコラーゲンは肌細胞を内側から支え、エラスチンやヒアルロン酸とともに細胞間に水分を閉じ込めて、ターンオーバーを促すことで肌を美しく保つ役割を担っています。

おすすめの摂取のポイント

コラーゲンは食事などからも摂取できますが、身体への吸収率があまり良くありません。
コラーゲンを摂取するなら、コラーゲンを低分子化して配合したサプリがおすすめです。

コラーゲンの美肌効果は本当?

肌のハリと弾力 -衰えたハリや弾力がよみがえる-

女性の肌は加齢とともにハリヤ弾力を失って、見た目が老け込んでしまいがちです。
コラーゲンを補うことで、衰えた肌のハリや弾力を向上させることができます。

肌のハリや弾力低下が低下する原因

女性の肌が衰え、フェイスラインが変わる原因としては、次のようなものがあげられます。
 加齢によるコラーゲン不足
 肌の乾燥
 女性ホルモンの分泌量の低下
 睡眠不足などの生活習慣の乱れ
 栄養不足

肌のハリや弾力が向上する

コラーゲンは肌の真皮層で網目のように張り巡らされ、肌を支える役割を担っています。
コラーゲンをサプリなどから習慣的に摂取すると、肌細胞を支えるバネが強くなり、ハリや弾力の衰えを改善する効果があります。

肌のハリと弾力にはコラーゲンと紫外線対策!

敏感肌 -肌のバリア機能が向上する-

化粧水を使うと肌がヒリヒリとするなど、極端な「敏感肌」になってしまうのは、肌のバリア機能が低下しているからです。
コラーゲンには、このような肌のバリア機能を回復させ、敏感肌を改善する効果があります。

敏感肌の原因

肌質が急にかわり敏感肌になってしまう原因には、次のようなものがあげられます。
 加齢によるコラーゲンの減少
 間違ったスキンケアなどによる乾燥
 食生活や生活習慣などの乱れ
 ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ

おすすめの摂取のポイント

コラーゲンは肌細胞を内側から支えている成分で、コラーゲンペプチドを積極的に摂ると肌の水分量や皮脂量が向上して、肌のバリア機能を正常に戻すことができます。
コラーゲンを摂取する場合は、コラーゲンを低分子化して配合した顆粒やサプリ、ドリンクを活用し、たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると効果的です。

敏感肌の視点から見るコラーゲンの良さ

乾燥肌 -肌の保湿力が向上する-

空気が乾燥する冬だけでなく、皮脂分泌が盛んな夏でも乾燥肌に悩む女性が増えています。コラーゲンは天然の保湿剤ともいえる成分で、乾燥肌の改善してくれます。

乾燥肌を引き起こす原因

乾燥肌の原因は一つではなく、次のような環境や生活習慣も肌に密接な影響を与えています
 空気の乾燥や冷暖房の使いすぎ
 間違ったスキンケアによる肌の乾燥
 加齢によるコラーゲン不足
 睡眠不足や生活リズムの乱れ

乾燥肌の改善におすすめの摂取方法

コラーゲンは肌の細胞と細胞の間に水分を閉じ込めて、肌を正常な状態に保つ役割を担っているため、食材やサプリなどからコラーゲンを補うことで乾燥肌を予防・改善することができます。
乾燥した肌の再生を促すためには、コラーゲンの再生成を促すビタミンCや、肌細胞を作るリンや亜鉛などの栄養もあわせて摂ると効果的です。

乾燥肌対策から見るコラーゲンの役割

肌修復・傷修復 -治癒能力が向上する-

子供の肌は傷の治りが早いのですが、コラーゲンが不足している大人の肌は、傷の修復が遅い傾向があります。
コラーゲンはできた傷を速やかに修復し、自然治癒力を向上させます。

Ⅲ型コラーゲンが傷を修復する

肌に傷ができると傷口に繊維芽細胞が繊維型のⅢ型コラーゲンを活発に作りだし、細胞を繋ぎとめてかさぶたを作ることを促進します。
その後は網目状のⅠ型コラーゲンに姿を変えて、細胞を活性化させることで自然治癒力を向上させます。

肌修復・傷修復力を促すコラーゲンの摂り方

コラーゲンは衝撃によってダメージを受けた肌細胞を繋ぎ留め、ダメージを修復する役割を担っています。
コラーゲンは肌修復・傷修復を促進するコンドロイチンやビタミンCと一緒に、サプリなどから摂取するのが効果的です。

コラーゲンで傷の治癒が早まる

肉割れ -肉割れを予防し目立たなくする-

ダイエットや妊娠後に肌にできる肉割れは、正式には「線状皮膚萎縮症」、「皮膚線条」と呼ばれています。
コラーゲンはできてしまった肉割れを目立たなくし、肉割れができることを予防する効果があります。

肉割れの原因はコラーゲンの断裂

皮膚は表皮層・真皮層・皮下組織の3層構造で成り立っていますが、急激に皮膚が引き延ばされることで真皮層のコラーゲンが断裂し、白い線や赤い線の肉割れができます。

コラーゲンは肉割れの改善・予防に役立つ

コラーゲンをサプリなどから摂取すると肌の保湿力が向上してターンオーバーが促進し、できてしまった肉割れを目立たなくするだけでなく、肌の柔軟性が向上して、肉割れを予防する効果もあります。
食材からよりもサプリを使った方が効率よくコラーゲンを摂取できますが、寝る前や入浴後などの体温が上がっている時や、空腹時に摂取するとより吸収率が高まります。

肉割れ改善にはコラーゲンがおすすめ!

しわ -しわが目立たなくなる-

年齢を重なるにつれて、女性の顔にはしわが増えてくる傾向があります。
コラーゲンを摂取することは、できてしまったしわの改善にも、しわの予防にも効果的です。

しわができる原因

顔の肌に刻まれる深いしわは、加齢や紫外線の影響で肌のコラーゲンが減少し、肌が乾燥して柔軟性を失ったことで作られます。

しわ対策のポイント

見た目を老け込ませるしわの予防・改善には、注射で肌に直接注入するよりも、食材やサプリなどで摂取する方が効果的です。
強い紫外線は真皮層のコラーゲンを破壊し、しわを増やす原因になりますので、あわせて紫外線対策をすることが必要です。

しわ対策にはやっぱりコラーゲン!の本音

しわ・たるみ -体の内側からケアができる-

肌に刻まれるしわや、肌のたるみは、女性の見た目を一気に老け込ませます。
積極的にコラーゲンを摂ることで、しわやたるみを改善することができます。

しわやたるみができる原因

コラーゲンは肌細胞を内側から支える重要な役割を担っていますが、次のような原因でコラーゲンが不足すると、しわやたるみができてしまいます。
 加齢による繊維芽細胞の機能低下
 紫外線による破壊

コラーゲン摂取のポイント

食材やサプリなどから積極的にコラーゲンを摂ると、しわやたるみを目立たなくさせ、予防することができます。
紫外線対策をしっかりしながら、きれいな水やビタミンC、エラスチンなどの美容成分とあわせてコラーゲンを摂取すると効果的です。

しわやたるみの原因とコラーゲンの必要性

たるみ -経口摂取がおすすめです-

目元は皮膚が薄くて脂肪が多く、たるみやすい場所です。
コラーゲンは化粧品で肌に塗るよりは食材やサプリという形で口から摂取することで、目元のたるみを改善する効果があります。

年齢が高いほどたるみは目立つ

目元や頬などの顔のたるみは表情筋の筋力低下と、加齢と紫外線によるコラーゲン不足で肌が緩むことで引き起こされます。
特に目元は、年齢が高くなるほどたるみが目立つようになります。

塗るよりも経口摂取が効率的

コラーゲン配合の化粧品もありますが、コラーゲンは分子量が大きく、表皮を通り抜けることができないので、直接肌に塗っても良い効果は得にくいと考えられています。
たるみは放置しておくと深いしわになってしまうため早期対策が必要ですが、サプリなら効率よくコラーゲンを摂取でき、しわやたるみの改善ができます。

コラーゲンを利用した目の下のたるみ対策

美白 -色素沈着を防ぐ-

コラーゲンは肌のハリや弾力をよくするだけと思われがちですが、メラニン色素の生成を抑え、肌の色素沈着を防ぐ美肌効果もあります。

活性酸素を除去する働きもある

コラーゲンを摂ると肌細胞が活性化し、ターンオーバーにより白くきれいな肌が作られます。
さらに最近の研究では、コラーゲンには身体を老化させる活性酸素を除去し、アンチエイジング効果の高いビタミンEやリコピンを活性化させる効果もあることがわかってきています。

おすすめの摂取方法

コラーゲンは化粧品として塗るよりも、食材やサプリなどで口から摂取することで美白効果が得られます。
コラーゲンの再生性を促すビタミンCや保湿効果の高いヒアルロン酸とあわせて摂ると、より効果的です。

コラーゲンと美白の関係

くすみ -透明感のある肌を作る-

目の周りは皮膚が薄く、紫外線や乾燥などの影響でメラニン色素の生産が過剰になり、肌がくすみがちです。
コラーゲンは肌のくすみを改善し、くすみのないきれいな肌を作る効果があります。

目元のくすみが起きる原因

目の周りは皮膚が薄いために紫外線や乾燥などの影響を受けやすく、メラニン色素の生産が過剰になり、肌がくすみがちです。

おすすめの摂取の方法

積極的にコラーゲンを摂取することで肌のターンオーバーが促進し、くすみのない、透明感の肌を作ることができます。
同じくくすみを改善するビタミンCを配合したサプリであれば、より効果的です。

目元のくすみに有効なのは睡眠とビタミンEとコラーゲン!

若返る -肌のハリも柔軟性も若返る-

加齢による衰えは完全に防ぐことができませんが、衰えを最小限に抑えることで若返ることはできます。
コラーゲンを摂取すると、肌のハリや柔軟性が向上し、肌を若々しく保ってくれます。

コラーゲン不足が肌を老化させる

コラーゲンは真皮層で肌細胞を網目のように支えていますが、加齢によってコラーゲン量が不足してくると、しわやくすみなどがひどくなり、老け顔になってしまいます。

コラーゲンを摂取する際のポイント

コラーゲンは分子量が大きく、化粧品などでコラーゲンを体の外側から補っても良い効果は期待できませんが、食材やサプリなどを使ってコラーゲンを体の中から補うことで肌を支えるバネを強くし、衰えを改善することができます。
コラーゲンへの再生成を促すビタミンCや、アンチエイジング効果の高いビタミンE、アミノ酸の一種である「ヒドロキシプロリン」を配合したサプリを使うと効果的です。

肌が若変えるコラーゲン

エイジングケア -体の内側から若返る-

肌や体の老化を抑えるエイジングケアは、早いうちに始めることが大切です。
コラーゲンを摂取することで、身体を内側から若返らせる効果があります。

体全体のエイジングケアに活用できます

コラーゲンは肌の潤いと弾力に欠かせない成分で、摂取すると肌は若々しくよみがえります。
コラーゲンは関節痛や高血圧、白髪など、体全体のエイジングケアにも活用できます。

吸収率の良いフィッシュコラーゲンがおすすめです

コラーゲンは食べ物から摂るよりは、コラーゲンを低分子化して吸収率をアップさせて配合したコラーゲンサプリの方が効率的に摂取できます。
なかでも魚から抽出したフィッシュコラーゲンを配合したサプリは、体への吸収率が良く効果的です。

エイジングケアにコラーゲン摂取が有効なわけ

関節 -関節痛を緩和する-

女性は筋力が弱く、膝や股関節などの痛みに悩まされがちです。
コラーゲンは関節の動きを滑らかにし、つらい関節の痛みをやわらげてくれます。

関節の痛みが起きる原因は

私たちの体にある関節は、骨と筋肉、そしてコラーゲンを主成分とする軟骨から出来上がっています。
軟骨は骨と骨とのクッションの役割を果たしていて、加齢や関節リウマチの影響で軟骨がすり減ると、ひどい関節痛が引き起こされます。

コラーゲン摂取が関節におよぼす働き

食材やサプリでコラーゲンを摂取すると、コラーゲンは一旦アミノ酸にまで分解され、関節などの不足している部位を優先して再合成されます。
臨床実験でも、コラーゲンをサプリで摂取すると関節痛が緩和されることが立証されています。

コラーゲンで関節炎が予防できる?

骨 -コラーゲンが骨を作る-

年を重ねると見た目の老化だけでなく、骨の衰えも心配です。
コラーゲンは骨の新陳代謝に欠かせない成分で、食材やサプリなどで補うことで骨を強くすることができます。

骨は新陳代謝を繰り返している

骨は、常に体の内部で新陳代謝を繰り返しています。
新陳代謝のバランスが崩れると骨の質が悪くなり、骨の内部がスカスカになってしまいます。

コラーゲンが骨の老化防止に及ぼす役割

骨の土台を作っているのは、コラーゲンです。
コラーゲンは弾力性のある組織を骨に張り巡らし、そこにカルシウムやリンなどの無機質を定着させて骨を作り出すのですが、コラーゲンを摂取することで、骨の新陳代謝を促し、しなやかで密度の高い骨を作り出す効果があります。

コラーゲン効果で骨密度UP?

骨粗鬆症 -加齢による骨粗鬆症を予防する!-

老化のなかでも特に怖いのは、骨粗鬆症です。
コラーゲンを摂取すると密度が高く、柔軟性のある骨が作られ、骨の老化を防ぎます。

「骨粗鬆症」は誰にでも起きるリスクがある

「骨粗鬆症」とは、骨の密度や質が劣化して骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
骨を作るコラーゲンが不足し、骨の新陳代謝がスムーズにいかなくなると発症するのですが、若い年代でも骨粗鬆症になるリスクがあります。

骨粗鬆症を予防するポイント

女性はもともと骨が細く、40代以降は女性ホルモンの分泌量が低下して骨を作る機能が衰えるので、特に骨粗鬆症への備えが必要です。
若いうちから食材やコラーゲンサプリなどを活用して、骨粗鬆症対策をすることが大事です。

コラーゲンで骨粗鬆症を予防できる?

爪 -ツヤと透明感のある爪を作る-

爪は表皮の一部が硬くなったもので、肌と同様に加齢によって衰え、見た目が悪くなってしまいます。
コラーゲンはツヤと透明感のある、健康的な爪を養う効果があります。

爪の見た目が悪くなる原因

爪はたんぱく質の一種であるケラチンを主成分として、爪の根元にある爪基母細胞で作られますが、爪基母細胞の機能が低下すると爪の色が悪くなり、縦線が入るなど見た目が悪くなってしまいます。
爪の劣化は加齢や乾燥、栄養不足などの他、コラーゲンの生成を妨げる膠原病によって引き起こされることもあります。

コラーゲンが爪に及ぼす働き

コラーゲンを摂取すると、爪基母細胞の周りの皮膚の状態を整え、健康的で丈夫な爪を作る効果があります。
1日7gのゼラチンを摂取すると、爪疾患が改善します。

コラーゲンで爪の老化ストップ?

ニキビ -大人のニキビの予防・改善ができる-

大人になると若い頃とは性質の違う、「大人ニキビ」ができるようになります。
大人ニキビは治りにくく、痛みが強いといった特徴がありますが、コラーゲンを摂取するとニキビの直りが早くなり、肌を強くして予防ができます。

大人ニキビの原因

思春期などに起きるニキビは皮脂の過剰分泌が原因ですが、大人ニキビは次のような原因で引き起こされます。
 肌の乾燥
 古い角質層の停滞
 ホルモンバランスの乱れ

コラーゲンがニキビに及ぼす働き

コラーゲンには皮脂や汚れによる毛穴の詰まりを防止する作用があり、食材やサプリメントなどで摂取すると肌細胞が活性化し、ニキビをスピーディーに直してくれます。
保湿効果もあるため、大人ニキビの予防にも効果的です。

ニキビ対策になる?コラーゲン!

ニキビ痕 -ニキビ痕を目立たなくする-

陥没や赤みなどのニキビ痕は治りにくく、できてしまったものの完治は難しいのですが、コラーゲンを食材やサプリなどから摂取することで、できてしまったニキビ痕を目立たなくなります。

顎にニキビができる原因

大人になってできるニキビは痛みが強く、治りにくいのですが、顎は手で触る機会が多く、歯磨き粉などで汚れる機会が多いため、皮膚刺激でニキビができやすい場所です。
顎ニキビが長引いて痕になってしまうとフェイスラインが崩れてしまうので、早めに改善する必要があります。

コラーゲンがニキビ痕を修復する働き

コラーゲンは肌の細胞と細胞の間に水分を閉じ込め、乾燥から肌を守る効果があります。
積極的にコラーゲンを摂取すると肌のターンオーバーが活性化し、ニキビ痕を目立たなくするだけでなく、できたニキビの改善も促進します。

あごニキビにも効果あり!?コラーゲンの知られざる魅力

バストアップ -バストのハリと弾力が向上する-

高く盛り上がったバストライン、女性の美の象徴です。
コラーゲンは体の内側からバストを支え、魅力的にバストアップさせる効果が期待できます。

バストラインが変わる原因

女性のバスト周りの肌のハリや弾力が低下し、バストラインが崩れる原因には、次のようなものがあげられます。

 大胸筋の筋力低下やクーパー靭帯の伸び
 乳腺を発達させる女性ホルモンの分泌量の低下
 猫背などの姿勢の悪さ
 体に合わない下着による圧迫

コラーゲンを摂取する際の注意点

バストラインの崩れ対策には、コラーゲンを摂取してバスト周りの皮膚のハリや弾力を維持し、筋肉を増強と乳腺の発達を促す必要があります。
コラーゲンは食材よりもサプリからの方が効率的に摂取できますが、コラーゲンの再合成を高めるビタミンCやエラスチンなどの成分が配合されたサプリならより効果的です。

バストアップに有効なコラーゲン

髪 -美髪を養う-

コラーゲンを補うと、加齢によって起こりがちな薄毛や白髪などの衰えを改善・予防することができます。

コラーゲン不足の悪影響

コラーゲンは髪の毛の材料であるケラチンと同じたんぱく質で、髪の毛を作り出すのに欠かせない成分です。
コラーゲンが不足すると髪の毛にはツヤが無くなり、抜け毛や白髪が増えて、女性の見た目が老け込んでしまいます。

コラーゲンを摂取する際の注意点

コラーゲンを摂ると頭皮や毛母細胞が活性化して、ツヤ・ハリ・コシの3拍子が揃った、健康的で若々しい髪の毛を養うことができます。
髪の毛は伸びるまでに時間がかかりますから、美髪効果が実感できるまで根気よくコラーゲンを続けることが大事です。

コラーゲンでつや髪に?

抜け毛 -薄毛を改善する-

40代以降は女性ホルモンが減少し、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えてきますが、コラーゲンを摂取すると抜け毛を予防し、太く健康的な髪の毛を養うことができます。

女性の抜け毛の原因

女性に多い薄毛は、髪の毛1本1本が細くなり、薄毛がちになる「びまん性脱毛症」です。主にエストロゲンの分泌量の低下で引き起こされますが、最近の研究では、髪の毛の元となる毛包幹細胞周辺の「17型コラーゲン」が、抜け毛に密接な影響を与えていることがわかっています。

コラーゲンが抜け毛に及ぼす役割

17型コラーゲンを配合したサプリはまだ開発されていませんが、食材や通常のサプリなどからコラーゲンを積極的に摂るだけでも頭皮環境を改善し、毛母細胞を活性化させて抜け毛や薄毛を改善できます。
コラーゲンを含んだトリートメントや育毛剤もありますが、コラーゲンは口から摂取した方が効果的です。

抜け毛予防に効果的なコラーゲン

血管・高血圧 -血管の老化や合併症を防ぐ-

血管の衰えは目に見えるものではなく、いつの間にか進行して動脈硬化や脳溢血などの命を脅かす病気を引き起こします。
コラーゲンはしなやかなで強い血管を作り、高血圧を予防することで、病気を予防することができます。

血管の柔軟性が失われる原因

血管の柔軟性は年齢とともに失われ、硬くなってしまいがちですが、こういった血管の老化を引き起こす原因としては、次のようなものがあげられます。
● コラーゲン不足
● 高血圧

コラーゲンが血管や高血圧に及ぼす働き

食材やサプリメントなどからコラーゲンを積極的に摂取すると血管の柔軟性が向上し、新陳代謝によって血管が若返ります。
血圧が高くなりすぎると血管に過剰な負荷がかかり、血管が厚く固くなって血液が流れにくくなってしまいますが、コラーゲンペプチドを1日12g摂取すると血圧上昇にかかわる「アンジオテンシン変換酵素(ACT)」の働きを抑制し、高血圧を防いでくれます。

高血圧の改善にコラーゲンが有効な理由